『BRIDGE』ロケ地&六甲道、神戸、奈良、横浜の撮影場所、キャスト、あらすじ!【井浦新主演ドラマ】

BRIDGE
2019年1月15日(火)21時からカンテレ・フジテレビ系で放送のスペシャルドラマ『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』。井浦新主演のカンテレ開局60周年特別ドラマということで話題になっています。そこで今回は『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』の舞台となる六甲道のロケ地や、神戸、尼崎、奈良、横浜の撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』のあらすじ

1995年1月17日。阪神・淡路大震災は、神戸の街を一瞬で破壊した。JR六甲道駅では、駅が崩落。これでは物資も運べず、大阪へ通おうにも徒歩通勤を余儀なくされる。六甲道の人々は、ただ呆然と立ち尽くしていた。そこに現れたのは一人の男・高倉昭(井浦新)。六甲道駅の復旧を担う建設会社・磐巻組の工事所長だ。まだ日常の残っている大阪に比べ、わずかな距離の神戸は、全てを失っている。

高倉は、ある決意をした。通常なら、2~3年かけて復旧させる規模の工事。しかし、JRからの指示のもと、彼らがとった工法は、“ジャッキアップ”という奇抜なものだった。柱が壊れ、崩れ落ちてはいるが、先人たちが作り上げた高架橋の躯体そのものは、頑強だった。この高架部分をジャッキで持ち上げ、固定する。大きな危険と困難を伴う難工事になるが、これにより、工期を大幅に短縮できる。

高倉は偶然出会った六甲道育ちの少年・春日豊(野村周平)を工事の記録係に任命する。春日は持っていたビデオカメラで困難に立ち向かう人々を映像に収めていくが、実はそのカメラには彼の秘密が隠されていて…。

2018年の秋、神戸にある阪神・淡路大震災慰霊碑に落書きをした少年の前に、謎めいた男(椎名桔平)が現れた。23年後の春日だ。いつかの自分のような少年に、春日は秘めてきた思いを語っていく。

希望を失った神戸の人々と、そこに集まってきた人々。嘆きや悲しみを抱えながらも、助け合い、ぞれぞれの困難に力強く向き合う人間たちの姿が、時を超え、今を生き抜く勇気を我々に与えていく…!(公式ホームページから引用)

 

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』のキャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

高倉昭/井浦新

井浦新

大阪の建設会社・磐巻組の六甲道駅工事所長。これまで数々の経験をしてきた現場の指揮官。寡黙だがハートは熱く、建設会社の仕事に誇りと情熱を持っている。真面目だが、熱くなるとすぐに名言を引用したがるおかしな癖も。六甲道駅の惨状を目の当たりにして最初は戸惑うが、やがてジャッキアップでの早期復旧を決意し、仲間たちを率いて難工事に立ち向かっていく。

春日豊/野村周平

野村周平

六甲道駅近くの旅館「曙」の一人息子。世の中のすべてが面白くないとふてくされて生きているが、それは、まだ何者にもなれていない自分自身への苛立ちの裏返しでもある。偶然出会った高倉から記録係に任命され、ホームビデオで工事や町の人々の姿を記録していくうちに、少しづつ変わっていく。実はそのホームビデオに秘密が隠されており、それが後々の春日に大きな影響を及ぼしていく。

服部瞳/葵わかな

葵わかな

六甲道で生まれ育った女性。明るく快活な性格。春日とは、オムツを変えてやったこともあるくらいの、姉弟のような関係。一方で幼馴染の佐伯有(佐野岳)と想いあっているが、お互い意地を張って言い出せずにいる。大阪のホテル職員として働いており、震災で駅が崩落したことで、徒歩通勤を余儀なくされている。竹田里津(阿部純子)と出会い、毎日一緒に歩くようになる。

佐渡島克也/葉山奨之

葉山奨之

県内でも有数の進学校に通っているが、いかにも現代の若者らしくどこか冷めていて、世の中を斜めに見ているところが、かつての春日に重なる。幼い悪戯心で震災慰霊碑にスプレーで落書きをし、警察に捕まっているところに春日(椎名桔平)が現れる。人を煙に巻くような態度の春日を不審に思うが、工事の話しを聞くうちに少しづつ気持ちが変化していく。

國代寛治/佐藤隆太

佐藤隆太

磐巻組・六甲道駅現場主任。神戸市長長田区在住で被災し、自宅が倒壊。幸い家族は全員無事だったが、25年のローンを残して壊れ果てた自宅を見て、呆然とする。しかし、そんな状況の中でも現場復帰を自ら志願。六甲道駅復旧工事の現場に合流する。明るく豪快な性格で、後輩たちや下請けの人間からも慕われている現場のプロフェッショナル。

江戸川正央/桂文枝

桂文枝

磐巻組のOB。阪神・淡路大震災の19年前、六甲道駅建設工事を指揮した人物。現役時代は、高倉や鶴ら後輩を殴りつけることもあるような厳しい男だったが、その仕事は丁寧かつ確実で、六甲道駅高架橋の躯体は頑強に作られている。現在は引退しているが、実は気になって倒壊した六甲道駅の様子を見に来た時に偶然高倉に会い、高倉がジャッキアップを決意するきっかけを与える。

高倉奈々/吉田羊

吉田羊

高倉の妻。関西出身で、中学3年生の娘が一人。大阪に住んでいるため、阪神・淡路大震災では大きな被害を受けずに済んだが、夫が危険を伴う工事に携わっていることを感じて、本当は心配で仕方ない。しかし、それは決して表には出さず、困難に立ち向かう夫を、ただ静かに力強く支えている。

玄能美能留/ユースケ・サンタマリア

ユースケ・サンタマリア

JR東日本の技術者。鉄道工事技術の最高峰に位置する人物であり、この玄能の指示で六甲道駅復旧工事のすべてが決まる。宮城沖地震で被害を受けた東北新幹線の高架をジャッキアップで復旧させた実績を持つ。物静かだが、技術者としての信念とプライドがあり、その点で高倉と通じ合うものがある。

春日豊/椎名桔平

椎名桔平

震災直後、六甲道駅復旧工事やそれを見つめた地元の人々をホームビデオで記録していた、かつての少年。2018年現在、慰霊碑にスプレーで落書きをした佐渡島克也(葉山奨之)をつかまえ、当時の話を一方的に聞かせるが、その狙いは謎である。ひょうひょうとしていて、つかみどころがないが、実は秘めたる思いを抱えている。

鶴義太郎/松尾諭

松尾諭

磐巻組の六甲道駅計画担当。

花祭俊貴/波岡一喜

波岡一喜

磐巻組の六甲道駅工事副所長。

御手洗靖/浅香航大

浅香航大

磐巻組の六甲道駅安全管理担当。

観音崎発光/片瀬那奈

片瀬那奈

一儲け狙う歌手。

あだばな/濱田マリ

濱田マリ

スナック「六甲小町」のママ。

但馬源/小市慢太郎

小市慢太郎

六甲道駅前の焼き鳥屋店主。

小比類巻葵/中村靖日

中村靖日

新聞屋の二代目。

佐伯有/佐野岳

佐野岳

服部瞳(葵わかな)の幼馴染。瞳のことを想っている。

竹田里津/阿部純子

服部瞳(葵わかな)と一緒に歩くようになった女性。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/一色伸幸

代表作に映画『病院へ行こう』、『僕らはみんな生きている』など

演出/白木啓一郎

 

スポンサードリンク

 

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』ロケ地&撮影場所まとめ

『BRIDGE』は2018年10月から11月にかけて撮影が行われたようですね。

神戸市灘区のJR六甲道駅

六甲道駅 六甲道駅

兵庫県神戸市灘区にある六甲道駅。JR東海道線の駅です。この駅は阪神淡路大震災で高架もろとも駅舎が崩壊するなど、甚大な被害を受けた駅として知られています。

六甲道駅

阪神淡路大震災で倒壊した六甲道駅

ドラマのテーマは六甲道駅の復旧ですが、実際に六甲道駅も撮影地になっています。実際、11月に井浦新らが撮影をしていたという目撃情報がありました。

六甲道駅の住所:兵庫県神戸市灘区永手町

 

神戸市灘区の六甲本通商店街

六甲本通商店街

JR六甲道駅北口からすぐの場所にある六甲道商店街。アーケードのある商店街として地元の人に親しまれています。この六甲道商店街もロケ地になったことがわかっています。

六甲道商店街の住所:

 

兵庫県尼崎市の武庫大橋

武庫大橋

兵庫県尼崎市にある武庫大橋。JR甲子園口駅から車で数分の場所にあります。10月30日に武庫大橋で野村周平がロケをしていたという目撃情報がありました。

武庫大橋の住所:

 

神戸市中央区の諏訪山公園

諏訪山公園 諏訪山公園

兵庫県神戸市中央区にある諏訪山公園。JR三宮駅や元町駅から車で10分ほどの場所にあります。ここも『BRIDGE』の撮影場所になったことがわかっています。

諏訪山公園の住所:

 

奈良県奈良市のJR奈良駅

奈良駅

奈良県奈良市にあるJR奈良駅。どうやらここもロケ地になったようですね。六甲道駅に見立てて撮影が行われたようです。

奈良駅の住所:

 

せりぎんタウン(芹が谷商店街)

芹が谷商店街 せりぎんタウン

神奈川県横浜市港南区にあるせりぎんタウン(芹が谷商店街)。昭和の古き良き面影を残す商店街ですが、シャッター化が進んでいるようですね。10月後半にここで野村周平や葵わかならが撮影をしていたという目撃情報がありました。

せりぎんタウンの住所:

この他のロケ地が判明したら更新します。

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『BRIDGE』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCHECK↓↓

BRIDGE

『BRIDGE ブリッジ』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【井浦新主演ドラマ】

2019年1月15日

 

『BRIDE』に関連する記事はこちら↓↓
【2019冬ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 六甲道から徒歩5分のところで被災したものです。感動したドラマでした。駅の再建でこんなことがあったとは。そしてそこに住む普通の人々の話も・・・。感動でした。ただ、線路を歩く通勤の人たちはアンアンスーツなど来てませんでしたよ。いわゆる震災ルックという配給されたような防寒着にマスク、運動靴など、大阪の職場に服おいてて、通勤は震災スタイルでした。ほんとに武庫川を境にして、別世界でしたね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。