『ヴィレヴァン』キャスト、あらすじ、ロケ地&撮影場所!【岡山天音主演ドラマ】

ヴィレヴァン
2019年5月13日(月)深夜0時59分からメ~テレで放送スタートの春ドラマ『ヴィレヴァン』。岡山天音、森川葵、最上もが、柏木ひなた、滝藤賢一らが出演することで注目されています。そこで今回は『ヴィレヴァン』の舞台となるヴィレッジヴァンガードのロケ地やその他の撮影場所、気になるキャストやあらすじ、登場人物の相関図について紹介していきます。

スポンサードリンク

【2019夏ドラマ特集】

『ヴィレヴァン』のあらすじ

名古屋が生んだ奇跡の本屋 ヴィレッジヴァンガード

全国で350を超える店舗数を誇る「本屋」・・。しかしそこには、ベストセラーも新刊もない。車・ジャズ・アウトドア・映画。ビリヤード台に本を山積みにし、派手な外車が置いてある。自称「空っぽ」の大学生・杉下啓三は、ヴィレッジヴァンガードで衝撃的な出会いをする。儲け度外視でガラクタに溢れた店、常に行方不明の店長、常識からかけ離れた変人バイトたち・・でもそこには、彼の人生に必要な「全て」があった。(公式ホームページから引用)

『ヴィレヴァン』のキャスト&相関図

キャスト

杉下啓三/岡山天音

岡山天音

幼い頃からスポーツに打ち込んできた生粋の体育会系(22歳)。だが大学二年生で怪我を機に引退、ヴィレッジヴァンガードで働き始めることに。サブカル的な素養はないが、体力と吸収力は抜群。ある意味ヴィレヴァンで働く素質がある。

小松リサ/森川葵

森川葵

杉下の後で入ってきた女子アルバイト(22歳)。村上春樹、カズオ・イシグロを敬愛する文学少女。美少女だがバカがつくほど真面目で冗談が通じないことも。酒を飲むと豹変し、途端に饒舌になり真理をずばずば突く。

今中世津/最上もが

最上もが

かつて女子アルバイト解禁となった時期から働く古参バイト(年齢非公表)。社員にという呼び声も高いが、あくまでプレーヤーとしてバイトを続けたいため、本人は固辞しつづけている。ゲーム・アニメ・漫画などのサブカルチャー全般に通ずる、BL好き腐女子。

山本昌男/本多力

本多力

バイトの先輩(35歳)。グッズ(雑貨)のプロ。将来の店長候補で、自らもヴィレッジヴァンガードで働き続ける意思がある。ポップもすこぶるうまく、怪しげな卸業者たちとなぜか知り合い。オシャレ番長。

岩瀬雪/柏木ひなた(私立恵比寿中学)

柏木ひなた

アイドル志望で、極度の「不思議ちゃん」(20歳)。だが実は頑固で自分の世界をもっている。隠れコスプレイヤーで、コミケの時期はバイトを休む(仲間にはバレていない)。グッズのセンスはピカイチで、売れ線を的確につかむ。

与田義隆/水橋研二

水橋研二

ヴィレッジヴァンガード本部のエリアマネージャー(40歳)。本部の定例会議で各店舗の様子を報告するため、こっそりと調査している。

謎の男(権藤さん)/平田満

平田満

杉下が働くヴィレッジヴァンガードに住んでいる(?)亡霊のような存在(65歳)。ことあるごとに杉下を指南し、時にはヴィレッジの歴史について語ってくれる。

川上秀基/滝藤賢一

滝藤賢一

杉下たちアルバイト連中をたばねる店長(42歳)。本・音楽・雑貨あらゆるサブカル知識に精通、“ヴィレッジヴァンガードの荒俣宏”と呼ばれている。だが気分の浮き沈みが激しく、ちょっと電波系。無断で突然いなくなるなど、扱いに困ることも。しかし彼を慕う客も多い。『売り上げ』と『好きなこと』の狭間で揺れ動いている。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本

いながききよたか

監督

後藤庸介、船谷純矢

主題歌

忘れらんねえよ「あいつロングシュート決めてあの娘が歓声をあげてそのとき俺は家にいた」

スポンサードリンク

『ヴィレヴァン』ロケ地&撮影場所まとめ

ヴィレッジヴァンガード本店

ヴィレッジヴァンガード本店

名古屋市天白区にあるヴィレッジヴァンガード本店。ヴィレッジヴァンガード発祥の地として知られています。ここが舞台となる本屋のロケ地になったことがわかっています。

ヴィレッジヴァンガード本店の住所:

 

ヴィレッジヴァンガード三軒茶屋

ヴィレッジヴァンガード三軒茶屋

東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩5分ほどの場所にあるヴィレッジヴァンガード三軒茶屋店。ここも『ヴィレヴァン』の撮影場所になったと発表がありました。

ヴィレッジヴァンガード三軒茶屋の住所:

この他のロケ地が判明したら更新します。

【2019夏ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。