『わたし、定時で帰ります。』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【吉高由里子主演ドラマ】

わたし、定時で帰ります。
2019年4月からTBS火曜22時枠で放送スタートの春ドラマ『わたし、定時で帰ります。』。朱野帰子の小説を原作に、吉高由里子、向井理、内田有紀、ユースケ・サンタマリアらが出演することで話題になっています。そこで今回は『わたし、定時で帰ります。』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじや物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『わた定』に関連する記事はこちら↓↓
【2019春ドラマ特集】

『わたし、定時で帰ります。』のあらすじ&原作

あらすじ

主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社し、行きつけの中華料理屋でビールを楽しむという生活を送っている。だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。

ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、産休明けのワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか──?(公式ホームページから引用)

”働きすぎない”吉高由里子

朝ドラ『花子とアン』で国民的知名度を誇る女優としてブレークした後、数年の休養期間を経て、再び活躍の場を広げている吉高由里子。連続ドラマでは2017年冬の『東京タラレバ娘』、2018年夏の『正義のセ』と年に1回ほどのペースで仕事をしてきました。

吉高由里子ほどの知名度と人気があればもっと仕事ができると思われますが、自分のプライベートも大切にしたいという彼女の志向があるのかもしれません。良い意味でマイペースとも言えるでしょう。

このドラマは吉高由里子のイメージにピッタリ

そして、2019年は今回の『わたし、定時で帰ります。』で主演をつとめます。時間内で効率的に仕事をし、定時になったらきっぱりと退社する東山結衣の働き方は、前述した吉高由里子の志向にマッチしたハマり役になりそうですよね。

爽やかで清潔感のある美貌、安定感のある演技、少し舌っ足らずだけど愛嬌抜群の喋り方とキャラクター。さらに、『東京タラレバ娘』と『正義のセ』で積み上げてきた”お仕事奮闘系女優”としてのイメージ。今回の『わたし、定時で帰ります。』に一番ピッタリの役柄と言えるのではないでしょうか。

現代日本の働き方に一石を投じる作品になってほしい

「働き方改革」が声高に叫ばれていますが、「24時間戦えますか?」の昭和の働き方から脱却しきれていない現代日本。このドラマが働き方や本当に幸せな人生についてもう一度考え直すきっかけになりそうですね。

原作は朱野帰子の小説

ドラマの原作は朱野帰子の同名小説。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

『わたし、定時で帰ります。』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

東山結衣(ひがしやま・ゆい)(32)/吉高由里子

吉高由里子

WEB制作会社・ネットヒーローズに勤務し、WEBディレクターとして働いている。絶対残業しないをモットーに、入社以来、定時で帰る生活を続けている。仕事中毒で家に帰らない父親を見て育ったため、仕事に命を賭けるという生き方を徹底的に否定している。定時退社後は、行きつけの店「上海飯店」のハッピーアワーでビールを飲むのが日課。仕事は効率を重視し、他人に迷惑を掛けない働き方を目指している。

種田晃太郎(たねだ・こうたろう)(37)/向井理

向井理

制作4部の副部長でWEBプロデューサー。結衣の元婚約者。福永が社長を勤める会社に勤務していた頃、結衣と出会い、結婚の約束をしていたが、仕事優先の姿勢からすれ違いが続き、婚約が破談。その後、ヘッドハンティングによりネットヒーローズに転職。仕事に集中しすぎると周りが見えなくなるワーカホリック体質。会社内でも随一のデキる男。後輩のフォローは欠かさず、チームメンバーからの信頼も厚い。

諏訪巧(すわ・たくみ)(35)/中丸雄一(KAT-TUN)

中丸雄一

結衣の恋人。ネットヒーローズのライバル会社であり業界最大手のベイシック・オンに勤務している。家庭的な男性で結衣にとって理想的な相手。アウトドアが趣味で、料理をしたり、遠出をしたり、仕事よりもプライベートな時間を大切にしている。一方で、営業マンとしても優秀で、後輩からも慕われている。

吾妻徹(あづま・とおる)(30)/柄本時生

柄本時生

結衣の同僚。フロントエンドエンジニア。中途採用。技術はあるがとにかく要領の悪い仕事の仕方をするため、仕事が遅く、終わらない。家に帰っても特にやることが無い、1人の方が作業が進むなどと理由をつけながら、会社に棲み着いている。

来栖泰斗(くるす・たいと)(22)/泉澤祐希

泉澤祐希

結衣が教育係として面倒をみている新人。WEBディレクター見習い。やる気ゼロで、二言目には「辞めたい」と言う。だが、仕事の筋は悪くない。周囲が好んで仕事に身を捧げる中で、残業しない主義の結衣の唯一の味方でもある。なんだかんだで結衣のことを慕っている。

三谷佳菜子(みたに・かなこ)(32)/シシド・カフカ

シシド・カフカ

結衣の同僚。WEBディレクター。転職組。小学校の頃から1日も学校を休んだことが無く、会社も入社以来の皆勤賞。真面目過ぎる努力家だが、少々融通が利かない。厳しい職場環境で育ってきたため、最近の新人のゆるさが許せない。同い年の結衣に差をつけられまいと焦っている。

小泉咲/ついひじ杏奈

ついひじ杏奈

三谷が教育係として面倒をみている新人。

田槻翔平/高野

高野洸

吾妻が教育係として面倒をみている新人。

 

児玉剛/加治将樹

加治将樹

結衣の同僚。デザイナー。一児の父。

則本真希/佐々木史帆

佐々木史帆

結衣の同僚。WEBデザイナー。ニット帽がトレードマーク。

 

愁(しゅう)/桜田通

桜田通

結衣に度々情報をもたらす謎の男。愁はハンドルネーム。

王丹(おうたん)/江口のりこ

江口のりこ

結衣が会社を定時であがった後に直行する中華料理「上海飯店」の店主。常々、日本人の過重労働には疑問を抱いている。18時オープンで、18時10分までハッピーアワー。お客が居ないと20時に閉店するなど、無理して働かない主義。

戸塚学(とつか・まなぶ)(60)/梶原善

梶原善

「上海飯店」の常連客。腸詰めが好物の『腸詰め好きおじさん』。文具メーカー勤務。今は窓際に座って、悠々自適に過ごしている。

篠原友之(しのはら・ともゆき)(40)/酒井敏也

酒井敏也

「上海飯店」の常連客。バンバンジーが好物の『バンバンジー好きおじさん』。常連客。自営業で不動産屋を営んでいる。今は息子夫婦が仕切っていて、ほぼ引退状態。

賤ケ岳八重(しずがたけ・やえ)(40)/内田有紀

内田有紀

結衣の先輩であり、新人時代の教育係。WEBディレクター。双子を出産し、現在は育休中。現場仕事をこよなく愛し、早々に職場復帰したいと希望している。結衣にとっては良き相談相手で、結衣が晃太郎と婚約破棄し大荒れしていたときは毎晩のようにやけ酒に付き合ってくれた。先輩後輩の関係を越えた良き友である。

福永清次(ふくなが・せいじ)(48)/ユースケ・サンタマリア

ユースケ・サンタマリア

制作4部の新任部長。いくつかの会社を転々としキャリアを積んだ後に30代で起業。社長として小規模なWEB制作会社を経営していたが、会社を売却し、ネットヒーローズに転職。晃太郎とは前職からの付き合いで、新卒で晃太郎を採用し、戦力になるまで育てた。お調子者で明るいが、時に怖い一面も。

賤ケ岳陽介(しずがたけ・ようすけ)/坪倉由幸(我が家)

坪倉由幸

賤ケ岳八重(内田有紀)の夫。育休から職場復帰する妻に代わり、育休を取って双子の育児に奮闘する優しい夫。

諏訪治子/清水よし子

清水よし子

巧(中丸雄一)の母親。お菓子づくりが得意で、巧を愛情たっぷりに育ててきた。

桜宮彩奈/清水くるみ

清水くるみ

ネットヒーローズ制作4部のメンバーがコンペに勝利し受託した新規案件を手伝う、派遣のWEBデザイナー。

石黒良久/木下隆行(TKO)

木下隆行

ネットヒーローズの灰原社長の大学時代の後輩で創業メンバーの一人。結衣(吉高由里子)の新人時代の上司で、晃太郎(向井理)をヘッドハンティングした“管理の鬼”と呼ばれる管理部の社員。

大澄賢也(第3話のゲスト出演者)

石黒英雄(第3話のゲスト出演者)

キンタカオ(第3話のゲスト出演者)


追加キャストは随時更新します。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本①/奥寺佐渡子

代表作にドラマ『夜行観覧車』、『Nのために』、『リバース』、映画『八日目の蝉』、『コーヒーが冷めないうちに』など

脚本②/清水友佳子

代表作にドラマ『夜行観覧車』、『不機嫌な果実』、『リバース』など

演出①/金子文紀

代表作にドラマ『池袋ウエストゲートパーク』、『木更津キャッツアイ』、『ビーバップハイスクール』、『流星の絆』、『SPEC』、『コウノドリ』、『逃げるは恥だが役に立つ』、『カルテット』、『あなたのことはそれほど』、『監獄のお姫さま』、『きみが心に棲みついた』、『チア☆ダン』、『大恋愛 僕を忘れる君と』など

演出②/竹村謙太郎

主題歌/Superfly「Ambitious」

『わたし、定時で帰ります。』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『わた定』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

わたし、定時で帰ります

『わたし、定時で帰ります。』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【1話から最終回まで】

2019年4月16日
『わた定』に関連する記事はこちら↓↓
【2019春ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。