映画『引っ越し大名』ロケ地&京都や姫路の撮影場所、キャスト、あらすじ、エキストラ!【星野源&高橋一生&高畑充希】

2019年公開の映画『引っ越し大名』。土橋章宏の小説「引っ越し大名三千里」を原作に、星野源、高橋一生、高畑充希ら豪華キャストが出演することで話題になっています。

そこで今回は映画『引っ越し大名(仮題)』の舞台となる撮影場所のロケ地、エキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

映画『引っ越し大名』のあらすじ&原作

あらすじ

姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、書庫にこもりっきりで人と話すのが苦手な引きこもり侍。あるとき、藩主の松平直矩(及川光博)は、幕府に姫路(兵庫)から日田(大分)への国替え(引っ越し)を言い渡される。当時の引っ越しは全ての藩士とその家族全員で移動するという、桁外れの費用と労力がかかる“超難関プロジェクト”。しかも藩の財政は逼迫しているため、引っ越しを成功させるためには家財を減らし、人も減らし(リストラ)、さらには商人から借金までしなければならない。全ては国替えの総責任者、【引っ越し奉行】の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから色んな知識があるだろうと、なんと春之介に白羽の矢が立った!

突然の大役に怖気づく春之介は、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)や前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。こうして前代未聞の引っ越し準備が始まった!移動人数10,000人!距離600km!予算…なし!?果たして春之介はこの超難関プロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!!(公式ホームページから引用)

原作は土橋章宏の小説

映画の原作は土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」。今回の映画化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

引っ越し大名三千里 (ハルキ文庫) [ 土橋章宏 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/4/30時点)

 

映画『引っ越し大名』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

片桐春之介/星野源

いつも書庫にこもりっきりの本の虫で、人と接するのが苦手なために「かたつむり」とあだ名される。

鷹村源右衛門/高橋一生

春之介の幼馴染。腕っぷしの強さと豪傑さで春之介を支える相棒。春之介を引っ越し奉行に推薦する御刀番。

於蘭(おらん)/高畑充希

前任の引っ越し奉行・板倉の娘で父親から受け継いだ引っ越しのコツを春之介に指南する。気丈でしっかりものの娘として春之介をサポートし、引っ越しを仕切っていく。

中西監物/濱田岳

山里一朗太/小澤征悦

松平直矩/及川光博

本村三右衛門/松重豊

藤原修蔵/西村まさ彦

仲田小兵衛/山内圭哉

佐島竜五郎/正名僕蔵

高橋四郎/飯尾和樹

田中衆三郎/和田聰宏

和泉屋新吉/岡山天音

波津/富田靖子

大野の妾/丘みどり

柳沢吉保/向井理

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

監督/犬童一心

代表作に映画『ジョゼと虎と魚たち』、『メゾン・ド・ヒミコ』、『グーグーだって猫である』、『のぼうの城』、『猫は抱くもの』など

脚本/土橋章宏

代表作に映画『超高速!参勤交代』、ドラマ『謎解きはディナーのあとで』など

主題歌/ユニコーン「でんでん」

▶次ページ 『引っ越し大名』ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 来年が凄く楽しみになりました。待ち遠しいです❤5月は連休ばかりなので思い切って京都へ観光か、エキストラあれば出てみたいです❗そんなに上手い話しはないか自分で着付けしてウロウロしてみようかな

  • 22日日(火)に、兵庫県南あわじ市の慶野松原というところで、撮影してました。高橋一生さん、星野源さん、いました。高橋一生さんには、握手していただきました(^o^)v

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。