『おっさんずラブ2019』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!

おっさんずラブ in the sky
2019年11月2日(土)23時15分からテレビ朝日系で放送スタートの秋ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』。田中圭、吉田鋼太郎は継続で、新たに千葉雄大、戸次重幸らが参戦しますね。そこで今回は『おっさんずラブ-in the sky-』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『おっさんずラブ』に関連する記事はこちら↓↓

『おっさんずラブ-in the sky-』のあらすじ

ある日、僕は機長に告白された――。バカでまっすぐでお人よしで情にあつい、独身ポンコツダメ男・春田創一は、35歳にして突然リストラ!?途方に暮れていたところを、高校時代の後輩に救われ、空の仕事に転職。ピカピカのアラフォー男性CAとして、女の園に放り込まれ、新生活がスタートする!

そんなある日、憧れのグレートキャプテンこと機長・黒澤武蔵が空港の中心で絶叫。「ぶっちゃけ…好きになっても、いいですかーーー!?」さらには、不愛想な孤高の副操縦士・成瀬竜、そして職人肌の航空整備士・四宮要も巻き込んで、ラブバトルは急展開!? 神様、こんなドロドロなモテ期、すいません。いりません…!泣

物語は、大地から空へ。CAとなった“はるたん”が挑む、新しい空のお仕事ドラマ開幕。“人を好きになる”とはどういうことなのか――?2019年、令和最初の冬に、新しい恋の嵐が吹き荒れる!(公式ホームページから引用)

スポンサードリンク

『おっさんずラブ-in the sky-』のキャスト&相関図

キャスト

春田創一(はるた・そういち)(35)/田中圭

田中圭

「天空ピーチエアライン」の客室乗務員。35歳にして突然リストラ、縁あって空の仕事に転職することになったピカピカの新人男性CA。なお独身、まったくモテない。性格は、まっすぐで不器用で情に厚く、とにかく優しくて、ちょっぴりおバカ。前職の経験から“仲間”に対する思いは人一倍強く、孤立している人は放っておけないお節介な一面も。グレートキャプテンである黒澤に、人として憧れ、自らもグレートCAを目指して奔走するも、おっちょこちょいでポンコツ気味、熱意が空回りしがち。

黒澤武蔵(くろさわ・むさし)(57)/吉田鋼太郎

吉田鋼太郎

「天空ピーチエアライン」で機長を務めるパイロット。“グレートキャプテン”と呼ばれるほど、操縦技術・人柄ともに秀でた人物で、新人CAから整備士まで、みんなを気遣う優しい心の持ち主。“チームの絆”を重んじるため、初日から遅刻してきた春田をフライトから外すなど、後輩への指導にも余念がない。いつも全力で仕事に励む春田とフライトを重ねるうち、少しずつ彼を認めるようになり、いつの間にかうっかり…恋をしてしまう!?

成瀬竜(なるせ・りゅう)(30)/千葉雄大

千葉雄大

「天空ピーチエアライン」の副操縦士(コーパイ)。黒澤とペアを組むことが多く、操縦技術に長けた優秀な若手。ただし、性格に難あり。自分にも他人にも厳しく、言葉を選ばないため、対人トラブルを起こしがち。ドライな性格で、付き合いが悪く、プライベートを見せない。ゆえに春田のように、人の懐にずかずか入ってくるタイプが最も嫌い。なお、プライベートはかなりグダグダで、家事全般が苦手な上、偏食。なぜか毎食冷凍食品のグラタン。好きなものは古墳。春田と同じ寮に住んでいる。

四宮要(しのみや・かなめ)(40)/戸次重幸

戸次重幸

「天空ピーチエアライン」の整備士。通称“シノ”さん。整備チームのリーダー的存在で、いつもツナギを着ており、熱血でストイック。ボルト1mmの緩みも許さない職人肌。しかしプライベートでは、仕事とは逆に細かいことは気にしないおおらかな性格で、誰にでも優しく、たまに天然。“男の料理”が得意で、丼物や麺物などをよく周りに振舞ってくれる。緋夏とは入社当初から仲が良く、兄貴分のような存在。恋愛相談にも乗る間柄。春田と同じ寮に住んでいる。

橘緋夏(たちばな・ひな)(33)/佐津川愛美

「天空ピーチエアライン」で広報を務める社員。春田と同じ高校でバスケ部の後輩。春田がリストラされて途方に暮れている時に運命的に再会し、CAを募集していた自分の勤務先を勧める。チャキチャキしたしっかり者。高校卒業以来の再会を経て、大人になったお互いに少しずつひかれていくが、春田が“キレイな女性CAたちにモテてしまうのではないか…”とちょっとヤキモキしている。

根古遥(ねこ・はるか)(35)/MEGUMI

「天空ピーチエアライン」の客室乗務員。通称“ネコさん”。歯に衣着せぬもの言いが多い、いわゆる毒舌で人間観察力も高い。春田に対しても容赦ないツッコミがさく裂する。が、決して陰口は言わず、文句があれば本人に直接伝える気持ちのよい性格。お客に対してもウソのない接客態度を貫いており、言葉はきつくても地元のご年配ユーザーに愛されている。

烏丸孫三郎(からすま・まござぶろう)(48)/正名僕蔵

「天空ピーチエアライン」のディスパッチャー。テンション高めに運航予定や天気の情報を伝えてくれる、おしゃべりガラス。ウワサ好きで、どこで仕入れてくるのかは謎だが社内情報に精通している。ちなみに独身。

有栖川民代(ありすがわ・たみよ)(25)/木﨑ゆりあ

「天空ピーチエアライン」の若手客室乗務員。通称“アリス”。元ギャルだがCAのマンガを読み、鬼憧れて入社。しかしガサツなため、CAらしい優雅な動きが苦手で、よく十文字に怒られている。下の名前“民代”がコンプレックスで、名字から“アリス”と呼んでほしいと懇願しがち。

十文字美冴(じゅうもんじ・みさえ)(45)/片岡京子

「天空ピーチエアライン」の客室乗務員で、チーフパーサー。おっとりした雰囲気だが、仕事に関しては相当なプライドをもっており、ホスピタリティマインドも高い。その反面、天然な一面もあり、もらっても困るお土産を買ってきては配ったり、突然メルヘンなお嬢様発言をしたかと思えば、昭和感満載のワードをぶち込んでくることも。反抗期の息子がいるらしい。

 

道端寛太(みちばた・かんた)(23)/鈴鹿央士

「天空ピーチエアライン」の若手整備士。四宮の部下で、通称“ミッチー”。社会人1年目で、リーダーの四宮を兄のように慕い、子犬のように懐いている。おろおろワタワタしながらも、整備の仕事に邁進している。

追加キャストは随時更新します。

人物相関図

相関図は発表があり次第、追加します。

スタッフ情報

脚本

徳尾浩司(代表作にドラマ『ロストデイズ』、『ドS刑事』、『徳山大五郎を誰が殺したか?』、『豆腐プロレス』、『あいの結婚相談所』、『きみが心に棲みついた』、『おっさんずラブ』など)

演出

瑠東東一郎(代表作にドラマ『黒い十人の女』、『女囚セブン』、『僕たちがやりました』、『オトナ高校』、『おっさんずラブ』、『探偵が早すぎる』など)

Yuki Saito

山本大輔

主題歌

不明

『おっさんずラブ』に関連する記事はこちら↓↓
【2019秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。