月9『監察医 朝顔』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【上野樹里主演のドラマ】

監察医 朝顔
2019年7月8日(月)21時からフジテレビ系で放送スタートの夏ドラマ『監察医 朝顔』。香川まさひと原作、木村直巳作画のコミックを原作とした実写ドラマで、上野樹里が主演をつとめる月9ということで話題になっています。そこで今回は『監察医 朝顔』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじや物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『監察医 朝顔』に関連する記事はこちら↓↓
【2019夏ドラマ特集】

『監察医 朝顔』のあらすじ&原作

あらすじ

決して12番目の死にはさせない―異色の父娘が探すのは遺体の“生きた証”!

万木朝顔は、神奈川県にある興雲(こううん)大学の法医学教室に勤める新米法医学者です。法医学者とは、事件性の疑いの有無にかかわらず、死因不明の遺体の死因を究明することを職務としている医師。

法医学の世界では人間の死因は<1・病死及び自然死><2・交通事故死><3・転落死><4・溺死><5・焼死><6・窒息死><7・中毒死><8・熱中症や凍死など不慮の死><9・自殺><10・他殺><11・刑の執行、戦争行為などによる不慮か否か分からない外因死><12・死因が分からない不詳の死>の12個しかなく、法医学者は最終的に死体検案書に、この12個のいずれかの死因を書き込むこととなります。

朝顔は新米とはいえ、もちろん医師免許も持ち、周囲から一目置かれるほどに優秀な技量と豊富な知識を併せ持つ法医学者。人柄は実直で、自分よりもつい相手のことが気になってしまう、愛情深く心優しい女性です。ただ朝顔は、母を失ったのみならず、遺体すら見つからないという癒しようのない悲しみを抱えており、その悲しみゆえに朝顔には、法医学者として揺るぎのない信念があります。

それは、遺体を決して12番目の死因、つまり“どうして亡くなってしまったのか分からない不詳の死”にはさせない、というもの。死因を明らかにすることは、その人がどんな性格で、どのような暮らしをし、どのように人生の幕を閉じたのか、そういった“生きた証”を見つけることにつながります。

法医学者が見つけられなければ、その人の“生きた証”は世界から永遠に消えてしまう――そうした思いを胸に朝顔は、遺体に「教えてください。お願いします」とささやきながら解剖をおこない、必要とあれば法医学者の範疇を超えて遺体の発見現場まで行ってしまうなど、誰よりも懸命に、そして真摯に遺体に向き合っていきます。そうして見つけられた“生きた証”は、時に犯罪を看破し、時に遺族の悲しみを癒やし、何より遺体が最後に伝えたかった想いを朝顔に語りかけます。

そんな朝顔は、父とふたり暮らし。父・万木平は、ずっと捜査畑を歩んできたベテラン刑事で、性格は朝顔に輪をかけて真面目で堅物。そして、“生きた証”を見つけてあげたい、という思いは朝顔と同じくらいに強く、1%でも手がかりになる可能性があるならば、どんな些細なことまでも調べ上げ、聞き込みを諦めません。ある日、平は思いがけず、朝顔が勤める興雲大学法医学教室が管轄する警察署捜査係に異動することに。遺体が発見されれば、警察は、まず朝顔が勤める法医学教室に運ぶため、平は父としてのみならず仕事相手としても朝顔に寄り添うことになります。

母の“生きた証”を探しながら、前へ進み続ける父娘のかけがえのない日々!

2011年3月11日に発生した東日本大震災。未曾有の震災として、2019年3月1日時点で2500名以上の行方不明者が今なおいる中、朝顔の母もそのひとりです。母が自身の実家がある東北の海沿いの街に帰省中のところで、東日本大震災が発生。以降、母の消息は分からないまま、遺体も見つかっていません。遺体は、それ自体が“生きた証”です。遺体すら見つからないという、母の“生きた証”を根こそぎ奪われてしまった朝顔は、失意に暮れました。

しかし、とある出来事がきっかけで、悲しみに立ち止まるのではなく、自分の人生をしっかりと歩んでいくことが母の想いだと気付かされ、そして“生きた証”が見つからない悲しみを誰よりも知っているからこそ、今日も誰かの“生きた証”を見つけるために法医学者の仕事に打ち込んでいます。一方の平は、時間があれば東北へ向かい、手がかりもないまま、あの日からずっと、まるで“捜査”と同じように妻の遺体を探し続けています。

本作では各話でさまざまな事件を扱いながら、全話を通して、朝顔が務める法医学教室が管轄する警察署に平が異動になった日から、時を重ねる父娘を追います。ぽっかりと空いた母の穴を少しでも埋めようとするかのように肩を寄せ合い、笑顔と涙を繰り返しながら、少しずつ前へ進んでいく父娘のかけがえのない日々と変化を描いていきます。(公式ホームページから引用)

確かな演技力で安定した人気を誇る上野樹里。彼女の代表作は何か?と聞かれたら、多くの方が『のだめカンタービレ』と答えるのではないでしょうか。確かに、『江 姫たちの戦国』や『ラスト・フレンズ』、『アリスの棘』、『ウロボロス』など、多くの名作に出演し、確かな足跡を残してきました。

それでも一番のインパクトは『のだめカンタービレ』でしょう。そんな上野樹里が13年ぶりに月9に”復帰”します。この13年間の間で、キャリアを積み、結婚も経験した上野樹里。昨年の『グッド・ドクター』では以前より落ち着きがあり、温かみのある印象を受けました。今回は主人公なので立ち位置も変わってきます。33歳を迎える彼女の新たな代表作になってほしいですね。

原作は香川まさひと原作、木村直巳作画のコミック

ドラマの原作は香川まさひと原作、木村直巳作画の同名コミック。今回の実写ドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

『監察医 朝顔』のキャスト&相関図

スポンサードリンク

メインキャスト

万木朝顔(まき・あさがお)/上野樹里

上野樹里

神奈川県にある興雲(こううん)大学の法医学教室に勤める新米法医学者。

新米とは言え、もちろん医師免許も有し、周囲から一目置かれるほどに優れた技量と豊富な知識を併せ持つ、実直な人柄で、自分よりもつい相手のことが気になってしまう、愛情深く心優しい女性。東日本大震災で母を失ったのみならず、遺体すら見つからないという癒しようのない悲しみを抱えており、その悲しみゆえに朝顔には、遺体を決して、どうして亡くなってしまったのか分からない“不詳の死”にはさせない、という揺るぎのない信念がある。遺体を前にした朝顔は「教えてください。お願いします」とささやきながら解剖をおこない、誰よりも懸命に、そして真摯に遺体に向き合っていく。そうして見つけられた遺体の真実は、時に犯罪を看破し、時に遺族の悲しみを癒やし、何より遺体が最後に伝えたかった想いを朝顔に語りかけていく。

万木平(まき・たいら)/時任三郎

時任三郎

ずっと捜査畑を歩んできたベテラン刑事。朝顔に輪をかけて真面目な性格で、手がかりになる可能性が1%でもあるならば、どんな些細なことまでも調べ上げ、たとえ足が棒になろうとも聞き込みを諦めない。一方で平は、今なお時間があれば東北へ向かい、まるで“捜査”と同じように、東日本大震災に被災し行方不明となっている妻の遺体を探し続けている。ある日、思いがけず、朝顔の法医学教室が管轄する警察署の強行犯係に異動することとなり・・・。

桑原真也(くわはら・しんや)/風間俊介

風間俊介

朝顔の恋人。長らくの交番勤務を経て、ここ最近、平が異動してくる警察署の強行犯係に配属となった新米刑事。朝顔とは交番勤務時代からの交際で、もともと刑事になることが夢。正義感が強く謙虚な好青年な一方、小心者で心配性な一面も。異動してきた平と、何かとコンビを組むこととなり、義理の父親になるかもしれない上司との日々に胃が痛い思いをしている。朝顔の母のことを知ってからは、自分のことのように涙をこぼし、生来の人の好さと温かさで、父娘の心と結びついていく。

桑原つぐみ/加藤柚凪(子役)

加藤柚凪

朝顔の娘で現在、4歳。朝顔と平と桑原の笑顔と愛に包まれ、すくすく成長中。

 

夏目茶子(なつめ・ちゃこ)/山口智子

山口智子

興雲大学の法医学教室の主任教授。1つの死の影には多くの人たちの悲しみがあるのを忘れないことが仕事の矜持(きょうじ)。プライベートのモットーは「明日、死ぬかもしれないから」。その言動は自由奔放で神出鬼没、年齢不詳で謎多き女性。同時に、“法医学者・朝顔”の1番の理解者であり、朝顔にとっては法医学者を目指すきっかけにもなった、最も信頼を寄せる人物。加えて、父の平とも長年の親交を持ち、母を失った万木家にとっては、まさに“心強い姉”のような存在。

安岡光子(やすおか・みつこ)/志田未来

志田未来

アルバイトとして法医学助手を務める。時給目当てで応募しただけで法医学に興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に、最初は朝顔たちも振り回されることに。しかし、朝顔たちに接していくうちに徐々に変化が・・・。

高橋涼介(たかはし・りょうすけ)/中尾明慶

中尾明慶

解剖の補助や臓器の病理学検査をおこない、法医学者を縁の下で支える検査技師。高橋は並の法医学者よりも豊かな知見があり、法医学教室には、なくてはならない存在。同時に、その天真爛漫なキャラクターは研究室の皆から愛され、イジられる役回りになることも。

森本琢磨(もりもと・たくま)/森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)

森本慎太郎

平が異動してくる強行犯係に勤める刑事。まだまだ刑事になり立ての桑原よりも、年下ながら経験は多く、桑原とはまるで同期のような存在。若者らしくスーツ以外も着こなし、爽やかな空気をまとっている。

愛川江梨花(あいかわ・えりか)/坂ノ上茜

坂ノ上茜

平が異動してくる強行犯係に勤め、桑原と同じ新米刑事。男性に囲まれながらも、何も恐れることなく、ズケズケと発言できる女性刑事。

小野佳代/喜多乃愛

喜多乃愛

朝顔達が通うもんじゃ焼き屋の店員。

渡辺英子/宮本茉由

山倉伸彦(やまくら・のぶひこ)/戸次重幸

戸次重幸

平が異動してくる強行犯係の係長。刑事としては敏腕で、結果を出せば評価する成果主義者。平のことは異動してくるまで面識がなく、最初は刑事として役に立つのか半信半疑。しかし平の仕事ぶりを間近で見て、急速に信頼関係が生まれていく。

藤堂絵美(とうどう・えみ)/平岩紙

平岩紙

遺体の歯形や治療痕から身元を特定することを主な職務として、法医学教室に勤める法歯学者。同僚で法医学者の藤堂とは夫婦で子どももおり、竹を割ったような性格の絵美は、仕事場で夫と小気味の良いやり取りを見せつつ、夫のことを完全に尻に敷いている。

熊田祥太/田川隼嗣

田川隼嗣

アルバイトで法医助手を務める医学部生。実家は歯科医院で、その跡取りという生粋のお坊ちゃま。上昇志向に乏しく、事なかれ主義な草食系男子。さらに要領も悪く、ケアレスミスで注意されることもしばしば。光子のことが怖い。

 

伊東純(いとう・じゅん)/三宅弘城

三宅弘城

遺体が発見され警察が到着すると、まず遺体の状況を調べるのが検視官。伊東は、優秀な検視官であると同時に、人情味あふれる、その人柄から、平たち刑事からも何かと頼りにされる。鑑識の沖田宗徳(藤原季節)とは仕事以外でもコンビを組む。

藤堂雅史(とうどう・まさし)/板尾創路

板尾創路

法歯学者の絵美の夫であり、絵美とともに法医学教室に勤めるベテラン法医学者。どことなく優柔不断で、のらりくらりとしながらも、仕事は細やかで丁寧にこなし、朝顔も何かと頼りにする。話し言葉は関西弁で、妻の絵美には頭が上がらない。

嶋田浩之(しまだ・ひろゆき)/柄本明

柄本明

里子の父であり、朝顔にとっては祖父。もともと陽気な性格ではないものの、東日本大震災以来、余計にふさぎこんだように寡黙な時も。ただ孫の朝顔のことは可愛くてしかたない。里子の遺体を探しに東北に来る平のことを内心、あまり好ましく思っていない様子で……。

万木里子/石田ひかり

石田ひかり

朝顔の愛情深く心優しい部分は里子譲り。穏やかで茶目っ気たっぷりでユーモアもあり、まさに万木家の太陽だった里子。しかし、朝顔と東北の海沿いの街にある実家に帰省中、東日本大震災に被災。以来、里子は行方不明のまま、今日に至る。

ゲスト出演者

早紀/粟野咲莉(第1話・子役)

倉庫で遺体として発見された30代後半女性の10歳のひとり娘。

明彦/辻本耕志(第1話)

倉庫で遺体として発見された30代後半女性の夫。

身元不明の遺体/川瀬陽太(第2話)

路地で凍死していた遺体。

三船海斗(第3話)

黒岩雅樹/岡部光祐(第6話)

首をつって死んでいた一家の主。

黒岩多江/片岡礼子(第6話)

黒岩雅樹の妻。寝室で死んでいた。

黒岩友里/小林星蘭(第6話)

次女で第一発見者。

黒岩美咲/恒松祐里(第6話)

長女。看護学生で寮生活を送っている。

今野/上島竜兵(第6話)

逮捕されてしまった泥棒。

石田希子/山本未來(第7話)

敏腕検事。

追加キャストは随時更新します。

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本

根本ノンジ

代表作にドラマ『フルーツ宅配便』、『男の操』、『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』、『居酒屋ふじ』、『孤食ロボット』、『銀と金』、『侠飯~おとこめし~』、『5→9 私に恋したお坊さん』、『初森ベマーズ』、『弱くても勝てます』、『高校生レストラン』など

演出

平野眞

代表作にドラマ『黄昏流星群』、『Chef 三ツ星の給食』、『医師たちの恋愛事情』、『ディア・シスター』、『HERO』、『ラスト♡シンデレラ』、『ショムニ』など

澤田鎌作

代表作にドラマ『ミス・パイロット』、『幸せになろうよ』、『ガリレオ』、『不機嫌なジーン』、『プライド』、『HERO』、『眠れる森』、『ビーチボーイズ』、『ギフト』、『踊る大捜査線』など

主題歌

折坂悠太「朝顔」

『監察医 朝顔』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『監察医 朝顔』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から見たい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

監察医 朝顔

『監察医 朝顔』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【1話から最終回まで】

2019年7月8日
『監察医 朝顔』に関連する記事はこちら↓↓
【2019夏ドラマ特集】

FODプレミアムで上野樹里や時任三郎出演作品も多数配信中!

動画配信サービスFODプレミアムで『のだめカンタービレ』全シリーズ、『グッド・ドクター』、『奈緒子』、『Dr.コトー診療所』全シリーズなど、上野樹里や時任三郎出演作品を多数配信中!

FODプレミアムのポイント

FODプレミアム

1か月間の無料お試し期間あり!
・フジテレビ系の最新ドラマやテレビ番組、過去の名作が視聴できる!
・見放題対象作品のフル動画は見放題で視聴可能!
・『ラジエーションハウス』が視聴できる!
・人気雑誌の最新号を読み放題!
・おすすめ度:★★★★★

>>FODプレミアムはこちら

【FODプレミアムで視聴できる最新ドラマ】

  1. ラジエーションハウス』(窪田正孝主演):2019春ドラマ
  2. パーフェクトワールド』(松坂桃李&山本美月主演):2019春ドラマ
  3. ストロベリーナイト・サーガ』(二階堂ふみ主演):2019春ドラマ
  4. ミラー・ツインズ Season1』(藤ヶ谷太輔主演):2019春ドラマ
  5. 小説王』(白濱亜嵐主演):2019春ドラマ
  6. 花にけだもの2』(中村ゆりか主演):2019春ドラマ
  7. 高嶺と花』(高杉真宙主演):2019春ドラマ
  8. いつか、眠りにつく日』(大友花恋主演):2019春ドラマ
  9. 絶対正義』(山口紗弥加主演):2019冬ドラマ
  10. 後妻業』(木村佳乃主演):2019冬ドラマ
  11. スキャンダル専門弁護士QUEEN』(竹内結子主演):2019冬ドラマ
  12. トレース 科捜研の男』(錦戸亮主演):2019冬ドラマ
  13. JOKER×FACE』(松本穂香&松尾諭主演):2019冬ドラマ
  14. SUITS スーツ』(織田裕二主演):2018秋ドラマ
  15. さくらの親子丼2』(真矢ミキ主演):2018秋ドラマ
  16. 僕らは奇跡でできている』(高橋一生主演):2018秋ドラマ
  17. 黄昏流星群』(佐々木蔵之介主演):2018秋ドラマ
  18. 結婚相手は抽選で』(野村周平主演):2018秋ドラマ
  19. Love or Not2』(山下健二郎主演):2018秋ドラマ
  20. いつかこの雨がやむ日まで』(渡辺麻友主演):2018夏ドラマ
  21. グッド・ドクター』(山﨑賢人主演):2018夏ドラマ
  22. 絶対零度2018』(沢村一樹主演):2018夏ドラマ
  23. 健康で文化的な最低限度の生活』(吉岡里帆主演):2018夏ドラマ
  24. 限界団地』(佐野史郎主演):2018夏ドラマ
  25. いつまでも白い羽根』(新川優愛主演):2018春ドラマ
  26. コンフィデンスマンJP』(長澤まさみ主演):2018春ドラマ
  27. シグナル 長期未解決事件捜査班』(坂口健太郎主演):2018春ドラマ
  28. グッドモーニング・コール our campus days』(福原遥主演):2018春ドラマ
  29. 隣の家族は青く見える』(深田恭子主演):2018冬ドラマ
  30. 海月姫』(芳根京子主演):2018冬ドラマ
  31. 彼氏をローンで買いました』(真野恵里菜主演):2018冬ドラマ
  32. 不倫食堂』(田中圭主演):2018冬ドラマ
  33. 民衆の敵~世の中、おかしくないですか?~』(篠原涼子主演):2017秋ドラマ
  34. 刑事ゆがみ』(浅野忠信&神木隆之介主演):2017秋ドラマ
  35. 明日の約束』(井上真央主演):2017秋ドラマ
  36. パパ活』(渡部篤郎&飯豊まりえ主演):2017秋ドラマ
  37. 花にけだもの』(中村ゆりか主演):2017秋ドラマ
  38. 『僕たちがやりました』(窪田正孝主演):2017夏ドラマ
  39. 『セシルのもくろみ』(真木よう子主演):2017夏ドラマ
  40. 『警視庁いきもの係』(渡部篤郎主演):2017夏ドラマ

など、フジテレビ系列の最新ドラマや過去の名作を多数配信中!

※2019年4月29日現在の情報です。配信が終了している可能性があるので、FODプレミアムのホームページをご確認ください。

【FODプレミアムで視聴できる上野樹里出演作品】

  • 『グッド・ドクター』(山﨑賢人、上野樹里、藤木直人):2018夏ドラマ
  • 『青空エール』(土屋太鳳、竹内涼真、上野樹里):2016公開の映画
  • 『のだめカンタービレ最終章 後編』(上野樹里、玉木宏、瑛太):2010公開の映画
  • 『のだめカンタービレ最終章 前編』(上野樹里、玉木宏、瑛太):2009公開の映画
  • 『奈緒子』(上野樹里、三浦春馬、綾野剛):2008公開の映画
  • 『のだめカンタービレ』(上野樹里、玉木宏、瑛太):2006秋ドラマ
  • 『サマータイムマシン・ブルース』(瑛太、上野樹里、ムロツヨシ):2005公開の映画
  • 『お義母さんといっしょ』(水野美紀、小栗旬、上野樹里):2003冬ドラマ

【FODプレミアムで視聴できる時任三郎出演作品】

  • 『サバイバルファミリー』(小日向文世、深津絵里、時任三郎):2017公開の映画
  • 『グッドモーニングショー』(中井貴一、長澤まさみ、時任三郎):2016公開の映画
  • 『それでも、生きてゆく』(瑛太、満島ひかり、時任三郎):2011夏ドラマ
  • 『Dr.コトー診療所2006』(吉岡秀隆、蒼井優、時任三郎):2006秋ドラマ
  • 『Dr.コトー診療所2004』(吉岡秀隆、柴咲コウ、時任三郎):2004秋のスペシャルドラマ
  • 『愛し君へ』(菅野美穂、藤木直人、時任三郎):2004春ドラマ
  • 『Dr.コトー診療所 特別編』(吉岡秀隆、柴咲コウ、時任三郎):2004冬のスペシャルドラマ
  • 『Dr.コトー診療所』(吉岡秀隆、柴咲コウ、時任三郎):2003夏ドラマ

※2019年4月29日現在の情報です。配信が終了している可能性があるので、FODプレミアムのホームページをご確認ください。

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。