『砂の器2019』キャスト、あらすじ、相関図!【東山紀之・中島健人出演ドラマ】

砂の器,2019
2019年3月28日(木)19時57分からフジテレビ系で放送のスペシャルドラマ『砂の器』。松本清張の小説を原作に、東山紀之、中島健人、土屋太鳳らが出演することで話題になっています。そこで今回は『砂の器』のキャストや登場人物の相関図、気になるあらすじや物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『砂の器』に関連する記事はこちら↓↓

『砂の器』のあらすじ&原作

あらすじ

2018年10月—。ハロウィーンの渋谷。街は仮装した若者たちであふれかえっている。

そんな中、駅の裏手の人目につかない場所で中年男性の遺体が発見される。渋谷西署に捜査本部が設置され今西刑事(東山紀之)も加わることに。遺体は顔と手の平を潰され、身元不明のままだった。

現場付近に、血のついた白いシャツを着た青年の目撃証言を得ることができたが、犯人なのか、ただの仮装した若者なのか?さらに、殺害現場へと続くひとけのない道でふたりの男の目撃情報が。ひとりは被害者と推定され、もうひとりの若い青年が有力な容疑者とみられたが暗かったため顔をはっきりと認識することができなかった。しかし目撃者によると、被害者の男性が東北訛(なま)りであったこと、さらに会話の中で「カメダは相変わらずだ」という言葉を発したことが明らかになる。

今西は、若手刑事・吉村とバディを組み現場付近の聞き込みへと向かうが、カメダの手がかりが得られず捜査は難航する。

そんな中、世間の注目を浴び始めている天才作曲家・和賀英良(中島健人)が帰国後初となるコンサートを発表、そこで完全新作の協奏曲「宿命」を披露するという。インタビューに応じるも、過去やプライベートについては一切語らず、ベールに包まれた和賀…。そんな彼は、昨夜の犯行を思い返していた。ハロウィーンの渋谷で起こした事件の犯人は和賀だったのだ。計画は完璧だ、そう自分に言い聞かせる和賀は、婚約者の佐知子と、その父で現役の大臣である田所と楽しい時を過ごしていた。実は、事件当夜、和賀は現場付近に住む恋人、梨絵子のマンションを訪れかくまってもらっていたのだった—。

捜査が行き詰まりを見せた頃、今西はふと、「東北」にこだわることへの違和感を抱く。そして、言語学者のもとを訪れ、方言について尋ねる。すると、出雲地方の一部にも東北と同じ訛(なま)り方をする地域があることを知る。しかもその区域には、「亀嵩(かめだけ)」という地名があった—。島根県警に問い合わせた結果、被害者が行方不明の男性・三木謙一であることが判明。今西ら捜査員たちはその進展に興奮する。現地で三木という人物について聞いて回る今西と吉村。三木は児童養護施設に勤務し、各種ボランティアにいそしんでおり、三木を知る人物は皆「彼は仏のような人、恨む人間など一人もいない」と口をそろえた。そこまでの善人が、なぜ殺されなければならなかったのか?今西らの捜査は再び暗礁に乗り上げることに—。

しかし、新聞に書かれた「列車の窓から紙吹雪をまく女」のコラムを見つけ、それが直感的に犯人のシャツである可能性を感じた今西は、その紙吹雪がまかれた場所を捜索、そこでその一片を見つけ、ついに血痕のついた布であることを確認する。その血液は、被害者のものと同一であることが断定される。その女こそ、銀座のバーテンダーで、和賀の恋人、梨絵子だったのだ。警察の手が迫っていることを知った和賀は焦る一方、新曲「宿命」の完成に向け鬼気迫る勢いで曲作りに励んでいた。今西は三木の足どりを追い続け、和賀と三木のある“接点”を見つけることに。

そして、和賀の父である本浦千代吉(柄本明)の存在にたどり着く——。(公式ホームページから引用)

松本清張のミステリー小説の最高傑作の一つと言われる『砂の器』。一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。これまで映画で1回、ドラマで5回と6度も映像化された作品でもあります。とくに玉木宏、中谷美紀、佐々木蔵之介らが出演した2011年版、中居正広、松雪泰子、渡辺謙らが出演2004年版の印象が強い方も少なくないはず。

今回は東山紀之、中島健人、土屋太鳳らまったく新しいメンバーで構成されます。過去作や原作を読んだことがある方はその比較、予備知識がまったくない方は一つの傑作ミステリーとして楽しむことができますね。

中島健人と土屋太鳳の”ベッドシーン”も登場すると言われている今回の『砂の器』。見どころ満載で引き込まれること間違いなし。

原作は松本清張の小説

原作は松本清張の同名小説。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

『砂の器』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

今西栄太郎/東山紀之

東山紀之

警視庁捜査一課のベテラン刑事で、出世コースから外れているが、周りからの評判は気にしていない。ハロウィンの渋谷で撲殺死体が発見された事件では、早々に目撃情報をつかむも捜査は難航。今西は後輩刑事吉村とバディを組み、地道な捜査にとりかかっていく。今西が和賀と対峙した時何を思うのか…

和賀英良/中島健人

中島健人

世界的な評価、そして甘いルックス…若くして天才の名をほしいままにした、高名な作曲家。頭脳明晰、クールで気難しく、寡黙な男。現大臣・田所の娘・佐知子と婚約しているが、政略結婚だと揶揄する者も多く、実際、和賀は野心家であり、使えるものは何でも使うという気概を持つ。代官山のバーテンダー・梨絵子と愛人関係でもある。

成瀬梨絵子/土屋太鳳

土屋太鳳

和賀(中島健人)の愛人。その関係は、周囲には徹底的に伏せられている。和賀の心を癒す存在。代官山でバーテンダーとして働いている。ある日、一人店にやって来た和賀と言葉を交わし、恋に落ちた。誰にも知られぬまま恋人関係になることに…。和賀は野心家であり結婚相手としては大臣の娘を選んだが、梨絵子はそれに理解を示している。

吉村弘/野村周平

野村周平

渋谷西警察署の若手刑事。冷静な良識派。人の好さから先輩たちから都合よく扱われることが多々ある。今回立ち上げられた捜査本部に参加し、今西(東山紀之)とバディを組みサポートをすることに。当初は上司に盾突き、勝手な行動をとる今西に対し距離を置くが、その地道な行動が捜査を進展させているのを目の当たりにし、次第に今西に信頼を寄せていく。

田所佐知子/桜井日奈子

桜井日奈子

和賀の婚約者でフルート奏者。父は現役の大臣で、政財界に多大な影響を持つ田所重喜(北大路欣也 )の純粋なお嬢様。上品で控えめだが、芯の強さも併せ持っている。とある社交パーティーで和賀(中島健人)に出会い、その夜のうちに彼に惚れ込む。周囲からは、野心家・ 和賀による政略結婚だと揶揄されているが、佐知子はそれを受け流している。佐知子は心から和賀を愛し、また、和賀の自分への愛を信じている。幼い頃から父・重喜の言うことを聞き、従順に育ってきた。だが、結婚相手だけは重喜が持ち込んだ縁談の話を断り、和賀と結ばれることを切望。それは佐知子が重喜に逆らう、初めての経験であった。和賀の才能を心底惚れ込み、彼の曲を演奏きる立場にいることを誇りに思いながら、彼のさらなる跳躍を願っている。和賀のことを本気で思っているが、彼が不倫をしていること、そして殺人事件を起こしたことを知らずに信じ続ける、悲劇のヒロイン。

岡本多恵/泉ピン子

泉ピン子

児童養護施設の元職員。三木(高嶋政伸)のことをよく知る女性。上品で落ち着いた初老の女性。長年福祉活動に携わってきた。過去に起きた、三木や秀夫(高橋來)が絡む重大事件について知っており、それを今西たちに伝える。 事件解決の重要な鍵を与える存在。

田所重喜/北大路欣也(特別出演)

北大路欣也

現役の文部科学大臣。複数の大臣職を歴任してきた、政財界に多大な影響を持つ男。現首相も 彼の意見の通りに動いていると囁かれるほどである。その物腰の柔らかさからマスコミ受けもよく、歯に衣着せぬ物言いで、国民からの指示も集め ている。だが、公務には厳しい態度で臨み、交渉ごとにおいては一切の妥協を許さない。 彼に逆らった瞬間政治家生命は終わると噂され、周囲の人間たちは緊張感を持って接している。実際、自分に合わない人間は容赦なく切り捨てるという、ダークな一面も持ち合わせる。家族を大事にすることでも知られており、一人娘の佐知子(桜井日奈子)を溺愛している。佐知子か゛和賀英良という男と結婚したいと強く主張したため、それを了承するが、内心では和賀のことを「人気先行の、偽りの天才」ではないかと疑っている。独特の嗅覚を持っており、和賀の異変も敏感に察知する。作曲家としての才能、そして佐知子への思いか゛本物て゛あるか、いまた゛疑いを持っており、和賀にやや冷たく接する。だが、物語終盤、和賀のコンサートでの渾身の演奏に感銘を受け、その才能を称賛。佐知子と の結婚を心から祝福する。和賀に刑事の目が向いているとも知らずに……。

三木謙一/高嶋政伸

高嶋政伸

撲殺体として発見された被害者。顔と手の平が潰されており身元特定に難航。三木謙一は、児童養護施設に勤務。ボランティアにも積極的に参加しとても信頼されていた。今西(東山紀之)は、誰に聞き込みをしても「恨む者などいない善人」 と証言するため犯行動機がつかめずに捜査は難航した。三木は何故残虐な殺され方をしなくてはならなかったのか…三木と和賀の関係とは…?

早坂琴美/黒木瞳

黒木瞳

和賀らが所属する「アート・ラボラトリー」のマネジメント会社(早坂音楽事務所)の社長。自らマネジメントを手掛け、彼らの才能を世に広めていく仕掛け人である。人の懐に入り込むのが得意で、無茶な交渉も成し遂げる、敏腕社長。並外れた行動力を持つ。和賀たちをトップクリエイターへと育て上げることが、彼女の生きがいである。 その手腕で和賀の跳躍のお膳立てをしているのだが、和賀自身はメディアへの露出を嫌うため、意見が衝突することもしばしば。和賀は記者対応などもそっけないため、そのフォローも琴美 の重要な役割である。事件の被害者・三木賀に電話で接触してきたことを知っており、和賀が犯人でないかと疑うこととなる。和賀のコンサートを成功に導くことが目下の課題だが、刑事の登場で、心惑わされることに。和賀を信じたいが、和賀の過去はベールに包まれており、庇いきることができずにに迷う。

本浦千代吉/柄本明

柄本明

和賀(中島健人)の実の父親。広島県の小さな村で造船所を営んでいた。昔気質だが、家族や従業員には優しく接していた。ある日、真面目だった長男・誠也が連続無差別幼女殺人を巻き起こしたことから、本浦家の生活は一変していく。

佐々木誠/杉本哲太

杉本哲太

捜査一課の管理官。今回の事件で立ち上がった特別捜査本部を取り仕切る。冷静沈着で高圧的な態度だが、自らの失点を恐れてか時折苛立ちも見せる。声を荒げるこ ともしばしば。今西とは旧知の間柄であり、傍若無人に振る舞う彼に釘を差す。次第に今西と吉村の執念に押され、自らも事件解決への熱を強く持つようになる。なかなか令状が取れないなど、上の人間との板挟みに遭い、もどかしい思いを募らせる。出世に興味のない行動派の今西とは対極にあるが、内に秘めた熱など通じ合う部分もあり、今回の捜査を通じ今西を認めるようになる。実は温情派。

片沢陸郎/桐山漣

桐山漣

映像ディレクター。和賀(中島健人)が所属する「アート・ラボラトリー」のメンバーの一人で、癖の強い面々の調整役でもある。お人よしで気配りのできる男。和賀にやましい「過去」があることを察しつつ、決して詮索しようとはしない。そんな彼のことを和賀も信用している。 自分は凡才であると自覚しており、“天才”和賀を称賛し、その活動を全面的に支える。 オシャレなお店に詳しく、和賀や武辺に梨絵子のいるバーを紹介する。

今西芳子/国仲涼子

国仲涼子

今西(東山紀之)の元妻。看護師。 刑事としての今西に惚れ込み、交際から結婚に至る。だが多忙な今西とすれ違いの生活が続き、ついには不倫に手を染めてしまう。それを知った今西は怒ることもなく、それがまた彼 女を苛立たせた。それを機に今西が家を出たため、別居状態が続いていた。芳子の不倫は長くは続かず、今西とヨリを戻したいと考えていたが程なく離婚。

神崎圭吾/佐野史郎

佐野史郎

武辺豊一郎/須田邦裕

須田邦裕

柄谷正晃/温水洋一

温水洋一

作家。新聞にコラム連載を持つ。主に旅を題材としたエッセイを書いているが、他にも連載を多数持つため、常にネタを探している。好奇心旺盛で話好き。美女と酒、温泉を愛する男。彼の執筆したコラム記事「列車から紙吹雪をまく女」が犯人への糸口となる。

藤田太一郎/野間口徹

野間口徹

児童養護施設の園長。情に厚い男。真面目な性格で、曲がったことが許せない。不器用なまでの優しさと責任感を持っている。施設で働く三木(高嶋政伸)のことを根っからの善人であるとして慕い、尊敬していた。三木の死を悼み、事件の早期解決を願って捜査に協力する。

折原茂雄/平泉成

平泉成

軽井沢周辺で野菜等の宅配を行っていたスタッフ(現在は退職)。生真面目な性格。山の奥地にある和賀康介の宅に定期的に訪れていた数少ない人間だが、和賀康介が人付き合いを嫌うため、交流はほとんどなかった。和賀英良少年の「異変」に気づいており、その証言が捜査を進展させる。

山岡知也/星田英利

星田英利

管理官・佐々木(杉本哲太)の右腕的存在で、警視庁捜査一課の警部補。今西の先輩にあたる。短気でプライドが高く傍若無人な今西のことを疎ましがる。 上下関係を重んじるため、佐々木には決して逆らわない。

和賀康介/升毅

升毅

素晴らしい実力と才能を持っているが、社交性がまったくないピアニスト。軽井沢の奥地で隠遁生活を送る。妻には早くに先立たれ、英良少年とともにニューヨークで過ごし、活動していた。だが仕事が途切れ、また英良も小学校卒業の時期となったため帰国し、軽井沢の山奥で生活をしていた。

山内和代/室井滋

室井滋

秀夫を養子にとった鈴村夫妻の叔母にあたる女性。東北在住。鈴村夫妻が震災によって亡くなったため、代わりに秀夫について刑事に話す。秀夫の過去を知っていることもあり、彼のことを疫病神であるかのように思っている節がある。

店主/六角精児

六角精児

人物相関図

人物相関図

スタッフ情報

脚本/小峯裕之

代表作にドラマ『男子高校生の日常』、『慰謝料弁護士』、『ビター・ブラッド 最悪で最強の、親子刑事。』、『怪奇恋愛作戦』、『初森ベマーズ』、『家政夫のミタゾノ』、『家政夫のミタゾノ2』、『GIVER 復讐の贈与者』など

演出/河毛俊作

『砂の器』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『砂の器』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

砂の器

『砂の器2019』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【東山紀之&中島健人ドラマ】

2019年3月28日
『砂の器』に関連する記事はこちら↓↓
【2019春ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。